気をつける部分が違う | 浴室のリフォームでありがちなトラブルとは

浴室のトラブルに気をつけよう

ユニットバスにする時の注意点

湿気がこもりやすい

ユニットバスにすると、湿気がこもりやすくなります。
トイレが一緒の部屋にあるので、トイレットペーパーが湿って使えない状態になるトラブルが増えています。
また、カビの原因菌は湿気の多い部分を好みます。
ずっと浴室内に湿気がこもっていると、どんどんカビの原因菌が増殖するので乾燥させる意識を持ってください。

乾燥器を備えていれば、不必要に湿気がこもることも無いでしょう。
また、こまめに水分を拭くことも大切です。
気がついた時に水分を拭き取っていれば、カビの原因菌が増えるヒマも無くなります。
ユニットバスはオシャレなデザインなので、特に若い人の間で流行っています。
リフォームする時に選択しても良いですが、湿気にだけ注意してください。

扱い方に注意する

特殊な素材でできているユニットバスが多いので、これまで浴槽を掃除する時に使っていたタワシやブラシが使えない危険性があります。
研磨剤が含まれたブラシを使って浴室を擦ると、傷がつきます。
傷からカビの原因菌が侵入して繁殖するので、何を使って掃除すれば良いのか業者に聞いてください。
業者が使用しても問題ないと言っていたものを使って掃除をすれば、無駄に傷つくことも無いでしょう。

新しい浴室が、すぐに傷だらけになってしまうのは嫌ですよね。
道具に気をつけて掃除すれば、傷つくトラブルは避けられます。
柔らかいスポンジなら、特殊な素材でできたユニットバスでも洗えます。
これまでブラシやタワシを使っていた人は、スポンジを購入してください。


この記事をシェアする